脂肪溶解注射
  1. ホーム
  2. 脂肪溶解注射

脂肪溶解注射

お肌を切らない脂肪吸引に代わる痩身治療方法として今注目を浴びている注射です。
そもそもは血管硬化や高脂血漿の治療を目的として利用されてきました。
身体の一部分だけでも皮下脂肪のある箇所でしたら施術可能なので、部分痩せができます。
原料となっている成分はレシチン(アミノ酸の一種)で、皮下脂肪に直接薬を注入します。

今まで気になっていた様々な部分(足、お腹、二の腕など)の皮下脂肪を減少させることができます。
施術の効果が表れるまでの期間には個人差がありますが、早い方では施術後3週間程度で効果が出ます。
施術間隔は2週間となっており、同じ部分に3回の注入を行うのが基本的な方法です。
この脂肪溶解注射では脂肪細胞自体を減らすため、リバウンドする心配はありません。

手術とは異なるため、脂肪吸引とは根本からことなる方法です。
全身麻酔をするリスクや、ダウンタイムも少ないので安心して行えます。
さらに施術に要する時間は10分~15分程度で完了できます。(注射の本数によって多少時間がかかることもあります)
施術後にお肌が凸凹になる新ぴあもありませんので、美しい身体のラインを形成できます。

当院の脂肪溶解注射の特徴

  • 薬は一切混合していません。【脂肪溶解成分だけです!】
  • 効果が実感されています。
  • 症例数は非常に多く、信頼できます。
  • アレルギー発生率が低いことは薬の安全性の高さを証明しています。

施術時間とダウンタイムについて

施術時に要する時間は一回でだいたい10分です。
ダウンタイムは一切ないので、お昼休みや仕事終わりにもお立ち寄りいただけます。

脂肪吸引との違い

>手術とは異なるため、脂肪吸引とは根本からことなる方法です。
全身麻酔をするリスクや、ダウンタイムも少ないので安心して行えます。
施術に要する時間は10分~15分程度で完了できます。(注射の本数によって多少時間がかかることもあります)
部分痩せをするために苦しんだり、痛い思いをする必要はありません。

また、脂肪溶解注射はそもそもは血管硬化や高脂血漿の治療を目的として利用されてきました。
大量に注射した場合は血圧が低下する場合もありますので、当院では丁寧なカウンセリングを行った上で適量を注入いたします。

よくある質問

脂肪溶解注射の腫れ・赤み・痛みはどれぐらいありますか?

腫れ・赤み・・・3~4日程度で治ります。
    痛み・・・施術当日から2~3日は筋肉痛や鈍痛があります。

リバウンドはしますか?

脂肪溶解注射では脂肪細胞自体を減らすため、リバウンドする心配はありません。

体に害はありませんか?

脂肪溶解注射の主な成分としてはホスファチジルコリンと呼ばれる大豆由来の成分が含まれています。
そもそもは血管硬化や高脂血漿の治療を目的として利用されてきたもので、安全性が証明されています。
溶解後の脂肪は血中を通り、最後は尿や便とともに排出されます。

施術費用

種類 回数 施術費用(税別)
脂肪溶解注射 1本 ¥50,000
名古屋ワイエススキンクリニック無料カウンセリング受付はこちら